PORTFOLIO

Hei Tanaka「トマデジ Vol.6」の曲紹介 その4「吾輩は猫である」

Hei Tanakaの最新作カセットテープ「トマデジVol.6」
最後の曲紹介です!

引き続きBandCampから購入、視聴、ダウンロードできます。
よろしくお願いいたします!

https://heitanakacamp.bandcamp.com/

本日は4曲目の「我輩は猫である」の曲紹介です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この曲は去年の10月に東京芸術祭の一環で野外劇『吾輩は猫である』という公演の中で作らせてもらった曲です。
夏目漱石の「吾輩は猫である」を下敷きにノゾエ征爾が脚本・演出。
74名の役者が池袋に突如現れた舞台セットの上で、肌寒くなってきた空の下、飛んだり跳ねたりするすごい舞台だった。
思えば、この企画も雨だったら中止。毎日天気予報とにらめっこ。
雨が降らないように、日頃の行いを少しだけ改めた人もいるかもしれない。
そのお陰か、雨での中止は1回か・・・(うろ覚え・・・)
とにかく、思った以上に公演もできて、評判も良く、池袋の街の灯と喧騒の中で見た舞台の景色は結構強烈だった。

その時にこの曲を作り、74人が自分たちのものにして歌ってくれていた様子もとても感激した。
このメンバーじゃないと出来なかった。って、いつだって思いたいけど
本当にそう思った。

このコロナ禍で、2月3月くらいはどうにか舞台の幕が上がりますように!
と、願ったり。最近で言えば、たくさんの初めてやる準備と対策をして
それでも、幕が上がるか寸前までわからない状況で、毎日できる限りの準備をしている人たちも多いと思う。

健気・・・

そんな言葉で良いのだろうか分からないけど
いつだって、僕たちは健気。

健気がたまに凄いものを見せてくれる。と、健気に信じて。


腐りたくなったり、悪いこともしてみたい。
もう健気なんてみっともない。
健気を見て、うすら笑ってる人がいる。
笑われるのは慣れてるからなんとも思わない。
たまに、無性に暴れたくなるだけだ。

バンドをやっていると、思いもよらないところで暴れてくれる人がいる。
誰がとかではなく、暴れる場所がそれぞれ違うから、満遍なくだいたいいつも誰かが暴れてる。
そこで生まれた凸凹を僕は愛してる。
その暴れん坊は、僕の代わりに暴れてくれてると思う。みんなの代わりに暴れてくれてると思う。

この曲は、一度芝居の中で完成されているし、もう自分の曲ではなく、歌った役者さんのものだと思ってる。
だから、どんな風に聞かせたい。という気持ちが全くなかった。
だから、歌と簡単な伴奏をみんなに送って、好きにして!
と、言った。

それでもバランスを取ろうとするのが僕の役割だったりするけど、今回は全くお任せだった。
みんなは、何を思って音を入れてくれたのか気になる。

そのエネルギーは何なのか気になる。

このコロナという疫病のもたらしたエネルギーのようにも感じる。

楽しかったか楽しくなかったかではなく
体が何か、人の体温のようなものに包まれたような気持ちになった。

そんな時、この歌の詞が僕の中で新しく響いてきた気がする。

これが健気へのご褒美だとしたら、悪くないと思った。
ーーーーーーーーーーーーー