Hei祭り

デザイン:三ッ間菖子

2016年1月14日に渋谷WWWから、この6人のメンバーで「Hei Tanaka」再出発しました。
まだ見ぬ場所へ、冒険だ!と意気込んで見たものの
今思うと友達の家で冗談みたいな旅の予定を相談しているような、そんな状態だったかもしれません。
それから1年、日本各地を回らせていただき、その場所でその時に相談の輪が広がって
沢山のワクワクする景色を、そこにいる人たちと想像してきたと思います。

そう思えば、1年たってもまだ友達の家の暖かい部屋の中でした。

沢山の人たちが遊びに来てくれて本当に楽しかった。

でも、いつかは本当にこの6人で旅に行きてぇな。
気づくと、僕も36歳。
冒険という言葉が似合わなくなってきた。

この2016年 年末の「Hei祭り」を盛大に開催し
皆様と遊び尽くして盛り上がって、そしてこれを一区切りとし
気持ちを新たに2017年を迎えたいと思っています。

ぜひ、遊びに来てください!
僕なんかが想像もできないくらい面白い空間が
Hei Tanakaがいる場所では起こるんです。

僕らが持っているのは、この一年、共に体感した現実だけです。
旅をするには十分な分だけ頂きました。

感謝の気持ちを込めて
メンバーそれぞれのバンドと
DJは田中馨。
VJに旧 Hei Tanakaのメンバー シャンソンシゲル。
純度100パーセント以上のHei Tanaka印
12月20日(火)新代田 FEVER

お待ちしております!

田中馨

Info

Hei祭り

2016年12月20日(火)
新代田FEVER

Open 18:30 / Start 19:00

前売 ¥3,000 / 当日 ¥3,500 (+1D)

LineUp

あだち麗三郎クワルテッット

あだち麗三郎クワルテッット

1983年1月生まれ。早稲田大学第一文学部卒。
9歳から15歳まで米国アトランタで過ごし、高校は日本の男子高で寮生活を送る。
大学時代からライヴ活動を始め、ドラムやサックスなどを担当。
その吹き抜ける風のような開放的音楽センスにより
片想い、cero、鈴木慶一、百々和宏、前野健太、寺尾紗穂、坂口恭平、GUIRO 等と
マルチプレイヤーとして活躍し、Fujirockfes'12では、サポートとして4ステージに出演。

メインはシンガソングライターである。

独特の世界観、宇宙的郷愁感あふれるロマンチックなうたをうたっている。
2013年カクバリズムより7"シングル『ベルリンブルー』、
2015年6月3rdアルバム『ぱぱぱぱ。』リリース!
と並行して、唯一無二の音楽家になるべく、アレキサンダーテクニークや、
古武道などのボディーワークを習い続け2012年頃から「あだ麗の身体ワークショップ♪」を開催し教えたりもしている。

リーダーバンド、あだち麗三郎クワルテッットを率いて活動中

あだち麗三郎 vocal,sax,guitar
谷口雄 piano(from 森は生きている)
古川麦 guitar,trumpet(from 表現)
アポロン増田 bass(from Helloes)
内田武瑠 drums(from ショピン,BURGER NUDS)

http://www.reisaburo.info/
https://twitter.com/rei3bro

T.V.not january

T.V.not january

2008年あたりから東京周辺で活動を開始した極めてロックなフォークグループ。
全員がボーカルをとる混声のフォークスタイルは、「歌」の新しい時代を模索し、照らし出す。朴訥としていながらも鋭利な名曲群は、心をにぎりしめて離さない優しさを持つ。

http://www.tvnotjanuary.com/

SATETO

SATETO

2016年秋頃に結成。

SAX:佐藤慧(Hei Tanaka)
GUITAR:DUSTIN WONG(Takako Minekawa & Dustin Wong)
BASS:厚海義朗(GUIRO/OishiiOishii/藤井洋平&TVSCOT/cero特殊サポーター/厚海義朗トリオ/Hara Kazutoshi/G.RINA&MIDNIGHT SUN)
DRUMS:一樂誉志幸(GURU HOST)

もれなく全員変態の、フレッシュなバンド。

RIDDIMATES

RIDDIMATES

ブラスロッカーズ・サウンドを掲げ、ありふれた音楽ではない、刺激のある音楽を創りだし、日々の喜びに変えるバンド「リディメイツ」。熱くて、男臭くて、音を楽しんでいて、ご飯を良く食べる。生活の一部に音楽が常にある、そんな願いがあるんだか無いんだか。本気で遊んで、本気で音楽する、そんなバンドの物語。

2014年の春に4枚目のアルバムを発売!リリース・パーティのワンマンを渋谷クアトロにて満員御礼の大成功に収め、そのままの勢いで「FUJIROCK2014」に出演。その際「来年はもっと上で!」と言ったら2015年のフジロックではCrossYouが元オアシスのノエル・ギャラガーのホーン隊として出演しちゃう、飛び級事件勃発。さらに曲作りを強化しつつも各地に遠征、各フェスで活躍。そして遂に2016年、新作epを発売&全国ツアーへ、来年もリリースが決定している。今年も、今後も大注目のインスト・ブラス・バンド!

http://brassrockers.com/

小鳥美術館

小鳥美術館

2004年、館長・牧野、 学芸員・島 により設立。
シンプルな構成の中に精緻な技法と近代的な要素がみられる作品を展開。
近年では造園剪定士・田中馨、税理士・イトケンらを迎え、
より複雑な構造と深みのある表現の呈示・追求がなされている。

2016年10月、待望のCD作品「Little Museum of Bird」を自主レーベル「書庫」
より発売しHEITANAKAとのスプリットカセット作品「トマデジ」も次いで発売。
11月には作品発売を記念した東名阪ツアーの開催も決定している。

~小鳥美術館 作品発売記念東名阪ツアー~
2016/11/6(日)@名古屋 K.D Japon
小鳥美術館 (田中馨・イトケン参加)
※ワンマン公演

2016/11/12(土)@大阪 HOPKEN
小鳥美術館 / ゆうき (オオルタイチ+ウタモ)

2016/11/28(月)@東京 下北沢440
小鳥美術館 (田中馨・イトケン参加) / 片想い

http://little.museumofbird.org/

Hei Tanaka

Hei Tanaka

2012年11月 今世界でもっとも注目を集めている新進気鋭のイベンター仲原達彦に
「ソロでライブをするべき」と、ケツを叩かれた田中馨。
「ソロは無理」あっさりとそう答えた田中は、
2人の男を道連れにベースとドラム2台の不思議系バンドHei tanakaをめでたく結成。
以外と早めにやりきって、2014年ひっそりと活動を終える…
新たなメンバーで再始動。しようとする矢先、間違って元メンバーに声をかけてしまい
結果、1人は残り1人がクビという、見て見ぬ振りできないほどのしこりを残しつつ
めでたく再開。
2016年1月14日に渋谷WWWにて初めての自主企画「列島は世界の雛形」
~あの世のザッパに教えたら なんていうだろ?~をまさかのSOLDOUT。
大盛況のうちに終わらせ、何かがまた始まったのだ。

Hei Tanaka
・田中 馨 ベース
・池田 俊彦 ドラム(T.V.not january)
・牧野 容也 ギター(小鳥美術館)
・サトゥーくん サックス(EX.the act we act)
・黒須 遊 サックス(RIDDIMATES)
・あだち 麗三郎 サックス

田中を筆頭にメンバー各人が、それぞれの態度で音楽に振り回され続けた先にある泣けて笑える、最後は大きなクエスチョンのお土産付き。こんなにお得なライブはHei Tanakaだけ

[DJ]田中

[VJ]シャンソンシゲル

Ticket

11/15(火) 発売開始